ホーム

「どっこい、どっこい、どっこいな」

生後6カ月から1歳半までの赤ちゃんが東西に分かれ、「どっこい、どっこい、どっこいな」の掛け声で2回見合って「笑ったほうが勝ち」というルールで、かわいらしい豆力士による取り組みを行います。

毎年、県内外から沢山の赤ちゃんが参加され、子どもの健やかな成長を願って、遠くは東京、神奈川からも多くの赤ちゃんが「みちのく千厩赤ちゃん相撲」に参加しています。

子供の健やかな成長を願う

赤ちゃん相撲は、子供の健やかな成長を願うもので、母親達の芸能集団「愛宕花相撲保存会」が開催します。

豆しぼりに化粧まわしで、いざ取り組み。
愛嬌たっぷりの笑顔で声援に応える「豆力士」、立ち会い前から泣き出して見事な負けっぷりを見せる「豆力士」、眠ったままの赤ちゃんもいて土俵下を沸かせます。
境内には、親や祖父母ら多くの人で埋め尽くされ、カメラ、ビデオでかわいい表情を収めています。

開催要項

第16回 みちのくせんまや赤ちゃん相撲大会 開催要項
 1.日 時 平成30年10月 7日(日) - 開催日
午前の部  9時受付  10時開始
午後の部 12時受付  13時開始
 2.場 所 千厩町愛宕神社神楽殿
 3.内 容 「赤ちゃん相撲大会」
子供を生み育てた女性たちの芸能集団『愛宕花相撲保存会』の手によって、
生後6ケ月から満1歳半までの子供を対象とした「赤ちゃん相撲大会」を
実施するものです。
また、午前の部終了後には花相撲の華麗な演技をご披露いたし ますので、
ご期待ください。
 4.お問合せ 詳しいお問合せは、愛宕花相撲保存会
TEL 090-1930-3985 (菅原)
TEL 0191-52-3043  (千田)

 

 

次   第 午前 午後
 〇 赤ちゃん相撲受付  9時00分 12時00分
 〇 健康祈願 10時 00分 13時00分
 〇 開催行事
  あいさつ
   愛宕花相撲保存会 会長 永澤 由利
  祝 辞
 〇 開 会
 〇 豆力士取り組み開始  10時20分  13時30分
  表 彰
  打ち止め  12時00分 14時30分
 〇 花相撲披露  午前のみ

 

お申し込み要項

第16回 みちのくせんまや赤ちゃん相撲大会 お申し込み要項
 申込受付期間 平成30年7月20日(金) ~ 終了しました
 定 員 先着 250名
 参加資格 生後6ケ月 ~ 1歳半までの乳幼児(平成30年9月現在)
 参加費 7,000円  健康祈願御守・記念品贈呈
 事前にご入金頂くようになります。
 ※ご入金頂きました順に受け付けさせて頂きます。
 ※ご入金確認のご連絡には少しお時間を頂いております。
 お申込み手順 空メールを送信してください。 (下記、フォームへ記載)
  → みちのくせんまや赤ちゃん相撲お申し込みへ
 お申し込み入力フォームのアドレスを通知します。
 お申し込みフォームの必要項目に入力してください。
 お振込み先口座へ、参加費をご入金していただきます。
 取り組み順番は、9月20日頃ハガキで、ご連絡させていただきます。
 お問合せ TEL 090-1930-3985 (菅原)
 TEL 0191-52-3043  (千田)
 アクセスマップ 印刷用アクセスマップ ダウンロード (284KB)

 

愛宕花相撲

愛宕花相撲について

明治生まれの婦人たちが、大正初期に初午や祭りの出し物として始めたのが女相でありました。当時は皆、髪が長く自宅で相撲髷を結い、その堂々たる姿は大変な人気を博したと言われています。

昭和28年を最後に一時姿を消しましたが、一関市千厩町愛宕地区の女性たちが、『花相撲の灯りを消してはならない。今伝承していかなければ』という危機感をもち、大変苦労して昭和55年7月、27年ぶりに復活させました。

呼び出しから行司、横綱、幕内力士、弓取りまですべて全員で役割をもって行っています。現在県内各地のイベントのお招きを受け、出演をしております。

この度「赤ちゃん相撲」も加わりました。元気な子供たちの笑顔や泣き声に励まされ、一層の充実を図りたいと念じています。